サイトを買うメリット

実は大きいSEO問題

サイトを0から作るのではなく購入するということは、企業間M&A同様に「時間を買う」という意味で大きな効果があります。具体的には、0から会社を立ち上げても信用力がないため、最初の数年間は事業を軌道に乗せるのが大変です。それと同様に、サイト運営に関しても、立ち上げ当初はどう頑張っても、どんなに内容が良くても各ページのサーチエンジン順位がなかなか上がりません。それは偶然ではなく、サーチエンジンはドメイン取得後の経過時間が短すぎるサイトを信用せず、ドメイン取得からの時間が長いサイトのほうを順位的に優遇するからです。そして、滞在時間の長さや被リンクの多さなどから半年程度経って順位が急上昇すればいいものの、競争が厳しい分野では2年くらい経過しても順位が上がらないケースがザラにあります。そのため、ドメイン取得からの時間が長く検索順位も高いサイトを買ってしまったほうが得策です。

コンテンツ作りの必要がなくなる

自社のサイト内に良質のコンテンツを作ろうとした場合、高い知識レベルや文章執筆能力をもった人が社内に存在している事が欠かせません。そして、高い知識レベルをもった人が社内にいたとしても、例えばサイト内に数千ページ規模の「専門用語集」的なコンテンツを新設しようとすると大変な時間がかかります。例えば、半年の時間をかけて社内のある1人のスタッフに「専門用語集」のみを行ってもらい半年後に完成したとして、その人の年収が300万円なら作成コストは150万円です。しかし、例えば買いたいと思っているような「専門用語集」などのデータベース・豆知識系コンテンツ中心のサイトが50万円で買えたとします。その際は、サイトを購入してしまうことにより、コンテンツの作成コストを大幅にカットする事につながります。