サイトを売るデメリット

売ったらサイト再開が出来ず、安定収入も失う

サイトを閉鎖・休止するのではなく売却する、という事には多数のメリットがあるといわれますが、メリットしかないわけではなくデメリットも存在します。例えば忙しさなどでサイトの継続が難しくなり、トップページだけ残して休止状態に入った場合、また運営できるような状態になった場合にいつでも再開が出来ます。それに対して、売却してしまった場合はドメインもコンテンツも相手のものになってしまうため、再開が出来ません。また、別ドメインで似たようなサイトを作ったような場合は売却先とのトラブルが発生する恐れもあります。また、サイトのアクセス数が多い場合は、別の本業が不調でもサイトに広告を貼って安定的な収入を得る事が可能ながら売却してしまったら大きな収入源を失う事にもつながります。

信用を失う恐れなどもある

サイトM&Aにおいては、売却が完了してから相手方に対して旧運営者が口出しをすることは基本的にできません。そんな中、高く買ってくれるところが見つかって売却したのち、譲渡先の企業や個人があまり信用できる相手ではなかったことが発覚したとします。売った相手が社会的信用を失う何らかの事件を起こしたような場合は、旧運営元と今でも深い関係があると誤解されて、周囲からの信用を失う恐れがあります。そのため、売却先が問題を起こした場合は、旧運営元は該当サイト・企業とはもう一切関係がない事をあらゆる形でアピールしなければなりません。また、信頼できない売却先のため、サイトを買い戻したいと思っても、相手方が売りに出していない限り、買い戻す事も出来ません。